みんなはどっち派?子ども用歯磨き粉の必要性と不必要性

現在お子様は、歯磨き粉をお使いになっていますか?「やっぱり使った方が良いでしょ」とか「小さいうちは必要ないでしょ」とか意見は様々だと思います。

では、なぜ子ども用の歯磨き粉は必要なのか。一方で必要ないのか。虫歯予防の方法によって、これらを検討していきたいと思います。

歯磨き粉に賛成?反対?

大人用、子ども用に関係なく、歯磨き粉の必要性は歯科医師の間でも意見が分かれます。
では、各々の主張はどのような所にあるのかを挙げてみます。

《歯磨き粉賛成派》

  • 研磨剤が歯垢を除去し、歯の表面がつるつるになる。
  • 口臭を予防してくれる。
  • 歯石の沈着を抑えてくれる。
  • 特に「フッ素」配合は歯を強くし、虫歯の発生を抑えてくれる。

《歯磨き粉反対派》

  • 磨き方によっては、研磨剤が歯の表面を傷つけてしまう。
  • 発泡剤によって、磨けた気になってしまう。
  • 唾液で充分殺菌作用が望める。

虫歯ってどうやってできるの?

そもそも、虫歯はどうやって出来るのしょう?
歯の構造は簡単に、神経の上に象牙質があり、その象牙質をエナメル質が覆っている形になります。エナメル質は、人間の身体で最も硬い組織と言われています。
また乳歯は永久歯に比べて大きさが一回り小さく、象牙質やエナメル質も薄いというデリケートな構造になっています。

そして虫歯が出来るメカニズムは次の通りです。
虫歯細菌(ミュータンス菌)が口内の糖類と共に歯の表面に付着し、その付着物(歯垢)のミュータンス菌が糖を分解して酸を作ります。その酸が歯のエナメル質を溶かします(脱灰)。これが虫歯の始まりです。
エナメル質が解けるとまず、表面にツヤが無くなって、白色や薄茶色になります。そして徐々にエナメル質に穴が開き、象牙質まで浸透するとしみるなどの異変を感じるようになります。

虫歯予防でできること

「だったらミュータンス菌が無ければ良いのか!」その通りです。しかし残念ながら、大人の口内にはミュータンス菌が存在しています。逆に赤ちゃんの口内には存在していません。食事や回し飲みで親の唾液を通して、ミュータンス菌が移ってしまうのです。
赤ちゃんに移さないようにするのも大切ですが、親の口内に多くのミュータンス菌が存在しないようにすることも大切です。

では、子どもの口内にミュータンス菌が存在することを前提として、どのような予防方法があるのかご紹介します。

① 糖類(ショ糖、果糖)を出来るだけ摂らないようにする。
② 食後に出来るだけ早く歯磨きをする。
③ 酸に溶けにくい歯にする。
上記の①と②は、子どもや周りの大人が気を付けることで予防できますが、③は歯磨き粉の力が必要になります。

歯磨き粉の役割

歯磨き粉には「研磨剤、発泡剤、粘結剤、香味剤、保存料、薬用成分」などが含まれています。
エナメル質が薄い子どもの歯のためには、研磨剤や発泡剤が少量もしくは無配合の物が良いとされています。
また薬用成分である「フッ素」は、歯の再石灰化を促し、酸に溶けにくい歯を作ってくれ、最も推奨されている成分の一つです。
香味剤である「キシリトール」は天然の甘味料で、ミュータンス菌の活動を弱める効果があると言われています。

歯磨き粉が必要な子と必要ない子

最初の「歯磨き粉反対派」の意見にもあった通り、口内に糖が無い状態であれば、唾液で充分殺菌効果がありますし、歯の再石灰化も行われます。

つまり出来るだけ糖類を摂らないで、食後すぐに歯磨きをし、更にお茶や水などを頻繁に飲む家庭であれば、歯磨き粉無しでも充分予防は出来ると考えられます。

しかしそこまで出来ないのであれば、歯磨き粉は必要だと考えられます。但し乳歯が全て無くなるまでは、研磨剤の少ない子ども用歯磨き粉を使うことをお勧めします。

また永久歯が生えても、約2年間は表面がデリケートな状態です。これらの状況を踏まえると、小学校高学年まで子ども用歯磨き粉を使う方が良いと考えられます。

高学年になると、清涼感のあるミント味を好むようになる子も多いと思います。ミント味の子ども用歯磨き粉は種類が少ないですが、歯を傷つけないために子ども用歯磨き粉を使いましょう。

こちらのサイトが詳しい体験談が書いていました⇒ブリアン歯磨き粉。

ネットにでているどのサイトよりも参考になりました。